黑玫瑰‧禪境森活

關於部落格
這裡有的不只....
和風。藏物。古美術。古民藝。和骨董...
  • 18494

    累積人氣

  • 1

    今日人氣

    0

    訂閱人氣

外居/行器 (ほかい)

這是目前在日本當地也已相當少見的古民具


日文稱之為「行器 (ほかい)」,也寫作「外居」,是用於裝運食物的收納器具。
約從平安時代開始被廣為使用。



   ▲ 二件為一組,用扁擔搬運


型體以圓筒為主,偶也可見四角方型的行器。

素材多為實木漆器,杉木等天然木材,著上墨漆,甚至再以漆器特有的"蒔絵"技法繪上家徽或紋飾。






◎ 延伸閱讀

外居とも書き(『江家次第(ごうけしだい)』)、食物を入れて運んだり、旅行のときの必需品を収める器である。形は多く円筒形であるが、角形につくったものもある。合口(あいくち)造りの蓋(ふた)をつけ、外へ反った足を三つつけ、木造で漆を塗ったり、家紋や装飾文様を蒔絵(まきえ)で描いたものがある。胴部以下に横に輪を巡らしたものを葛(かつら)とよんでいる。持ち運ぶときは、太い紐(ひも)を上下にかけて天秤(てんびん)棒で担う。平安初期には用いられ、『保元(ほうげん)物語』に討ち取った首を入れたことが記されているが、近世の能では腰掛に用いている。
by: Yahoo!百科事典


平安時代以来、食物を盛って他の所へ運ぶために使った容納具。二つを一組にして天秤棒で担いで運んだ。墨漆塗蒔絵、杉の白木製などがあり、脚が外へそったものが多い。 近世では、慶事に鏡餅などのお祝いの品を入れて運んでいた
by: 府中家具木工資料館

 

相簿設定
標籤設定
相簿狀態